金型とは

魚岸精機工業の金型づくり

魚岸精機工業では、さまざまな部門のエキスパートたちが持つ技術を結集し、常により精度の高い金型づくりを探求しています。ここでは、金型が完成するまでの仕事の流れをご紹介します。

01プロジェクト打ち合わせ

高精度へのこだわり

自動車メーカーなどのクライアントから持ち込まれる金型の依頼に対して、設計、生産技術、製造の担当者が一同に介して合同ミーティングを行います。 製品の特製や製造方法について過去の事例やよりよい手法がないか、各エキスパートたちが横断的にディスカッションを行いベストな手法を模索します。 ミーティングは全員が立ったまま行い、スピーディーにかつ活発な意見が交わされます。

02CAD・3Dモデル

高精度へのこだわり

全体ミーティングを終えると、いよいよ製造プロジェクトが開始されます。生産技術課でCADによる設計が行われます。 最終的に生産される鋳造品を忠実に再現するために蓄積されたノウハウを注ぎ込みます。 データでは見えない実際の製造工程における、耐久性、操作(作業)性など、クライアントそれぞれの現場での要請に対応します。

03CAM

高精度へのこだわり

設計データが完成すると、今度は加工機を動かすためのNCプログラムを作成します。削りだしの構成、素材やドリルの選択など、多様な観点で加工シミュレーションを綿密に行います。 確実にかつ繊細に工作機に指令を送る必要があり基本的な作り込みを担うアウトプットとして重要な工程です。設計から加工まではフルデジタルで管理します。

04機械加工

高精度へのこだわり

完成したNCデータを工作機械に送り、いよいよ製造ラインで金型の削り出しが始まります。 高速マシニングセンターと呼ばれる大型の加工機が、設定したプログラムに基づき寸分違わず自動で金属を削りだしていきます。 課程では速度やドリル種などを切り替え、早い期間では1日、大型の金型になると1週間かけて削り続けます。

05仕上げ

高精度へのこだわり

機械加工が終了すると、魚岸精機工業の仕上職人の出番です。精度の高い工作機ですが最終的には手の感覚で確認や仕上げ作業を行います。 手の感覚を頼りに時には数日をかけて、独自の砥石で仕上げ0.01mm以内の完璧な金型に仕上げて行きます。特に機械加工では出来ない仕上げ作業により、金型に命を宿していきます。

06品質検査

高精度へのこだわり

仕上げが終わった金型は最終的なチェックを行うために計測器で品質を確かめます。 ひとつの製品に約300箇所を10μm単位で計測を行って行きます。設計通りに仕上がっているか慎重に確認します。 いわば魚岸精機工業の関所のような工程。問題がある場合は生産に差し戻されます。

07出荷・納品

高精度へのこだわり

仕上げが終わった金型はいよいよその性能が試されます。実際に製造テストを行い製品の仕上りを確認します。 クライアントの製造現場で最終的に製品を造りだすことができて仕事がようやく完了します。 またケースによっては納品された現場で金型を臨機応変に微修正する場合もあります。多くのチェックリスト項目をクリアして初めて金型製品として完成します。

Copyright (C) 2014 Uogishi Seiki Interactive Corpration All Rights Reserved.